木材も見直しを|丁寧な査定をする不動産売却業者チェック|安心して家を手放そう

丁寧な査定をする不動産売却業者チェック|安心して家を手放そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

木材も見直しを

積み木

環境保全に地域復興

温かみがあって、良い香りがして、長持ちする、木材製品には良いところがたくさんあります。国土面積の60%以上が森林である日本では、昔から木や竹を利用した製品が数多くありました。現在、安価なプラスチックなどの化学素材が広く普及してはいますが、今、自然に優しい循環型の素材や生活が見直されています。木材製品は利用することにより農村地域の活性化、森林の保全にもつながります。家具や建材であれば手入れ次第で長く使うことができます。年数を経て独特のツヤや風合いが出てくるので愛着も強くなります。もしも捨てることになったとしても、土に還る優しい素材です。また最近は原油の価格に左右されない薪や木質ペレットを利用した製品も増えてきました。薪やペレットのストーブはちょっとレトロでおしゃれなものも多く、人気があります。間伐材を利用して薪やペレットを製造販売することにより、荒れていた森林も手入れされるようになってきました。

木材製品を利用して木材利用ポイントをもらう

現在、木造建築や木材製品を利用することでもらえる木材利用ポイントの事業がスタートしています。温暖化防止や森林保全、また農林漁村の多い地域への支援や東日本大震災で被災した地域への復興を目的としています。木材利用ポイントは、特定の酒類の木を使った新築、リフォームや、木材製品の購入や利用によってもらえます。ポイントをもらうには、登録工事事業者や特定の木材製品を利用することが条件になりますので、林野庁の木材利用ポイント特設ホームページで詳しく確認してから購入を検討すると良いでしょう。もらった木材利用ポイントは地域の農産物や商品券、プリペイドカードと交換できるほか、農業や漁業が盛んな地域での体験型旅行をしたり、環境保全団体や被災地域へ寄付したりすることもできます。無理をしてポイントをためる必要はありませんが、新築、リフォーム、木材製品の購入予定があるなら知っておくとお得ですね。